MENU

NEW

DESIGN

荻窪の「庵」

全邸南向き、大田黒公園を見晴らす

「ヴィークコート荻窪四丁目」は、
駅徒歩3分、大田黒公園徒歩5分という、
駅前エリアと、住宅地エリアの交点に立地。
その恩恵を得て、駅近ながらも
開放感あふれる眺望と
都市機能へ直結するエントランスの
両立を実現しています。
都心を身近に、閑静な住環境を同時に抱く、
またとない魅力的な暮らしが広がります。

現地より南東方面を望む

眺望写真(現地14階相当/2022年2月撮影)

南側バルコニーの先には、
大田黒公園を中心に住宅街を見晴らせます。
東手には、新宿副都心の摩天楼の遠望。
夜景を愉しむ眺望も魅力の一つです。

立地概念図

南側立面イラスト

外観完成予想CG

荻窪に現代の「庵」を創造する

これからは「暮らし」の中に
仕事と遊びを取り込む空間が必要とされる時代。
「ヴィークコート荻窪四丁目」では、
「ウォールドア」を活かした
「庵(いおり)」プランニングを導入。
日常とは異なる時間軸と空間を美しく仕切り、
暮らしの中に別世界を創造します。
趣味の空間であったり、
リモートワークを快適にするワークスペース、
またはコレクションなどを整理できる
収納に特化した空間利用など、
多用途で活用できるプランニングです。

※掲載の外観完成予想CGは現地敷地内11階相当の高さより南東方向を撮影した写真(2022年2月撮影)に計画段階の図面を基に描き起こした建物完成予想図を合成し、CG加工したもので、実際とは異なります。また、変更となる場合がございます。雨樋、給気口、スリーブ等、一部表現されていない設備機器がございます。また、周辺環境は将来にわたり保証されるものではございません。
※掲載の眺望写真は現地敷地内より14階相当の高さより南方向を撮影(2022年2月)したもので、実際とは異なります。また、周辺環境は将来にわたり保証されるものではございません。
※掲載の立地概念図は周辺の建物を一部省略しております。また建物の高さ、位置、スケール、高低差、距離、深さ、方位等は実際とは異なります。また、現地の建物は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、建物の高さや規模・形状・デザインは実際とは異なります。
※掲載の南側立面イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、今後変更となる場合がございます。
※掲載の敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、今後変更となる場合がございます。
※掲載の間取り図は計画段階のもので、今後変更となる場合がございます。